岡山県でおすすめの老人ホーム

岡山県でおすすめの老人ホームは、比較することが一番です。

一般的な老人ホームでの過ごし方

お子さんが自立して遠くに行っているのであれば、老後は夫婦二人っきりで過ごすことになります。それが心配なら老人ホームを考えてみてはいかがでしょう。たとえ近くに住んでいるとは言っても、すでに自分の守るべき家族ができた子どもたちの負担にならないようにとホームに入る道を選ぶ方も多いです。

 

それでは老人ホームに入ったとして、一般的にどのようにして生活しているのでしょうか。ある程度の過ごし方というのを知っておくのもホーム選びの参考になるかもしれません。

 

お年よりは朝が早いと言いますが、だいたい6時か7時くらいが起床時間となります。ある程度の身だしなみを整えたら朝食です。その後は歯磨きをしてくつろぎタイムです。テレビを見たり他の方と話したりしていても良いですし、疲れているなら部屋でゆっくり過ごすことだってできます。その一方で、順番に入浴時間となるのでお風呂に入って身を清めてください。12時には昼食、その後はレクレーションタイムとなることが多いです。ゲームをしたり体操したり・歌を歌ったり、その施設ごとにやることは異なります。季節行事を取り入れたり、近くの小学校や幼稚園の子供たちが来てくれてのふれあいタイムとなることも多いです。
あとは夕食までの時間をまたのんびり過ごし、21時か21時半頃が就寝時間となります。

 

必ずしもこの通りにしなければならないわけでも無く、疲れているなら部屋でのんびり過ごしている時間を多くしてもよいでしょう。とはいえ、さまざまな人と触れ合うことができるのが老人ホームでの共同生活の良いところです。お年寄り向けのあまり難しくなく、季節が感じられて楽しいレクレーションがたくさん用意されているでしょうから、ぜひ積極的に参加してお友達を作ったり、新しい趣味を見つけ出してください。ただし、場合によってはレクリエーション費を別額としているところもあり、参加するたびにお金がかかることもあるので、契約時によく調べておく必要はあります。

老人ホームは看取りまで対応するのか

老人ホームと言っても経営方法やスタイルなど色々なタイプがありますが、看取りまで対応するのかという問題については、多くの老人ホームでは生命の危機に瀕しているときに家族や保証人などに連絡を取ることになっていますし、提携している医療機関による診察があるケースもありますが、老人ホームでなくなることは珍しい事ではありません。

 

終の棲家として老人ホームが選ばれるケースは非常に多くなっていますし、ホームに入所してから自宅に戻るということはほとんどありませんので、基本的にはそこでなくなっても良いような準備は心の準備だけでなくスタッフの間でもされています。

 

そのため、介護スタッフは入所者の体調管理に余念がありませんし、些細な変化を見逃さずに医療機関との連携も摂れているのが一般的です。最近の老人ホームは医療機関の施設内で運営されているところも少なくありませんので、体調に変化があった時にはすぐに医療関係者のケアが受けられるようになっているところも多くあります。

 

勿論、看取りは本来家族で行われるものですので間に合うように家族や保証人などが呼ばれて駆けつけることにはなりますが、基本的には普段介助しているスタッフが24時間ケアをしていますのでなくなったときにもそばにいて看取りが行なわれるのが一般的です。

 

医療機関との連携が取れているところや病院の施設内で運営している老人ホームであれば安心ですが、一概にそういうところばかりではありませんし、提携先の病院が遠くて親族が大変な思いをするということもあります。何かあった時の為に安心して大切な家族を入所させるためにも医療機関としっかりと連携できているところを選ぶのもあんしんして利用できるポイントといえるでしょう。高齢者が安心して過ごすことができるのが老人ホームですので、看取りをすることが前提にはなっていませんが、当然その時は訪れますし、看取ってもらうことになるケースもあります。

ペットと暮らせる老人ホーム

老人ホームなど介護施設への入居が必要になった高齢者の方々にとって、これまで可愛がってきたペットと離れて暮らさなければならないというのは大変寂しいことです。また、実際ペットと一緒に暮らすことには多くの面でプラスの効果があることも実証されてきました。例えば、寂しさがまぎれたり、情緒が安定してきたりすることでしょう。またストレスが軽減されたり、さらには生活そのものが規則正しくなる場合さえあるのです。
こうしたプラスの効果を考えて、前向きに導入が検討されているのがペットと暮らせる老人ホームです。ある国においては、高齢者がペットと一緒に暮らすことによって、国の医療費が大幅に削減されたという報告さえ寄せられています。こうした理由から、日本においても、ペットと暮らせる老人ホームが大きな注目を浴びていると言われているのです。
ある老人ホームには犬や猫といったペットが利用者と一緒に住んでいますが、基本的にこれらのペットたちはユニット内を自由に行き来できるようになっています。もちろん、利用者の個室の中でも自由に行動できるため、家で飼っているのとさほど変わらない環境を作り出すことができているようです。
こうした取り組みによって高齢者の方々は非常に多くの益を得ています。もちろん、こうした特別な老人ホームを運営していこうとすると、それだけ余分に費用がかかり面倒であることも否定できません。しかし何と言っても利用者の喜ぶ顔を見ていられるのは、実にやりがいのあることとなっているのです。
一般的に言って老人ホームでは、入居者一人一人の生活の質つまりQOLを高めることを目指しています。それによって入居者が自分の最後を迎える時まで、自分の人生を十分に楽しむことができるようにできる限りのサポートを行なっているのです。そして、そのような願いを実現させるための一つの方法が、ペットと暮らせる老人ホームの導入であると言えるでしょう。

老人ホームで行われるイベントなどについて

超高齢社会と呼ばれる中で老人ホームはその重要性を増しています。老人ホームでは定期的にイベントが開催されるケースが多く、そこも選び方の1つのポイントとなります。イベントの例としては音楽会があります。アーティストの方に来てもらって演奏を披露してくれたり、お年寄り方が歌や楽器で参加したりする内容になっています。音楽には人の心を高揚させたり、和らげたりする効果があります。お年寄りの中にも歌が好きだという方は多く、人気のイベントの1つです。初めは恥ずかしがったりする方もおられますが、段々と楽しくなっていくという方も少なくありません。

 

老人ホームで開催されるイベントの中にはボランティアもあります。お年寄りの方々にボランティアをしてもらうのは大変ではないか、と思われるかもしれませんが高齢の方の中にもこういった活動に積極的な方がおられます。ボランティアとして人の役に立つということは、自分が社会の一員として生きていると実感することにも繋がります。歳を重ねても自分は役に立てるという精神的なうれしさを感じる方も多いです。もちろん、体調や体の状態、気分などを理由として参加しないという選択も取ることが出来ます。それぞれのお年寄りが自らの意思で参加の有無を決めるということは非常に重要なことです。

 

他にもおやつレクリエーションというイベントがあります。お年寄りの中にもお菓子が好きという方が多くおられます。おやつを食べながら談笑をすることで老人ホーム内の雰囲気を良くすることに繋がります。こういった小さなイベントも重要となります。ちょっとしたことでホーム内の雰囲気は大きく変わります。老人ホームではお年寄り、職員の方が何人も過ごしています。その方々が良い空気感の仲で過ごせることが大切です。イベントはそのためにも定期的に開催されています。老人ホームによって開催されるイベントやその内容は異なるので入居前にチェックしておくのもおすすめです。

老人ホームのデイサービスとは

老人ホームのデイサービスというのはそこに住み続けるのではなく日帰りで利用する事になるサービスで、老人ホームに入居するまでの間はデイサービスを利用するというパターンも多いです。
といっても家族が送り迎えをする必要はなく、基本的に送迎バスや送迎者が出ますので車が無い家庭でも問題なく利用する事が出来ますし、普段どうしてもひきこもりがちになってしまう老人にとっては他者との交流を持つ事も出来る貴重な時間でもあります。
デイサービスを利用する条件というのは要介護1から要介護5の間に認定されている事が条件で、要支援1か要支援2ではデイサービスの利用は出来ませんので注意しましょう。
デイサービスで受ける事が出来る主なサービスとしては食事や入浴、レクリエーションが主で、食事に関しては老人ホームの意向によって随分とメニューが変わる部分です。
例えばあらかじめ利用者さんに好みを聞いたり旬の食材を使った手の込んだ料理をするところもあれば、病院食のような質素な食事の可能性もあり、その辺は老人ホーム次第と言えるでしょう。
また入浴に関しても大浴場の場合と個室の場合がありますので、そういったところが気になるのでしたら事前に確認しておくべきです。
レクリエーションではどういった事をするのかと言えば、一番はやはり頭を使う事を重視させますので例えば囲碁や将棋といったどの世代でも比較的遊びやすいようなゲームから、お年寄り世代には馴染みのある俳句、後は絵を描いたりといった事をして過ごしています。
また身体を使ったレクリエーションをする事もあり、これにより運動能力の衰えの低下などにも期待できます。
このように老人ホームで行われるデイサービスでは様々な事をやっていますが、利用者としても日頃関わらないような人と関わる事で良い刺激になりますし、介護をする方にとっても少しの時間でも介護から解放されますので、デイサービスを利用出来る状況であれば積極的に利用するべきです。